やまぐち眼科 岡山市,南区 眼科

目の病気

子供の斜視・弱視

子供の視力は成長とともに発達します。生まれたての赤ちゃんは眼球がまだ小さいため強い遠視で、遠くも近くもあまりよく見えません。だいたい2歳くらいから視力の発達が始まり、6歳、7歳くらいまでで発達の時期は終了します。この間に強い屈折異常や斜視、または遮蔽といって、一定期間眼帯で眼を隠したりすると、視力の発達が十分に行われず、いくらメガネをかけても視力が 1.0以上でない状態になることがあります。メガネをかけても視力が出ない状態を弱視といい、検査や訓練が遅れると生涯にわたり見えにくい状態が続きます。 最近は3歳児健診や就学時健診などで弱視が見つかり、治療の時期が遅れてしまう、ということは少なくなりましたが日ごろから子供が見えにくそうにしていないか気をつけておきましょう。弱視かどうかは眼科受診で簡単にわかるので、心配なら眼科を受診して調べてもらうとよいでしょう。     

人間は2つの目でひとつの対象物を見ることで、立体感や奥行き、遠近感を感じ取ります。  

斜視とは2つの目の視線がずれているものをいい、内側にずれる(寄り目)ものを内斜視、外側にずれる(離れ目)ものを外斜視といいます。常に斜視の状態にあるものを恒常性斜視、時々斜視になるものを間歇性斜視といいます。

内斜視の代表的なもののひとつに、遠視による調節性内斜視があります。これは調節力の強い子供が近くにピントを合わせたときに出現しやすく、弱視を伴っていることもあります。通常はアトロピン点眼薬やサイプレジン点眼薬などの調節麻痺剤で詳しく屈折度数(近視・遠視・乱視の度数)を調べて、眼鏡をかけることにより斜視と弱視の治療をします。

就学時健診や学校健診で指摘される眼位異常として多いのは、外斜位や外斜視です。目のずれが軽度で視力の発達も良いことが多いのですが、定期的な検査は必要です。    

指示があれば早めに眼科を受診しておきましょう。

白内障

白内障は虹彩(茶目)の奥にある水晶体とよばれるレンズが濁ってくるものです。  

ほとんどは加齢によって起こりますが、他の眼疾患(ぶどう膜炎など)や外傷、全身性疾患(糖尿病、アトピーなど)、ステロイドなどの薬物の副作用によっても起こります。 初期には進行予防の点眼薬や内服薬を使いますが、年齢とともに徐々に進行します。日常生活に支障を来たす(まぶしい、かすんで見えにくい、文字が読みにくくなった、うっとおしい、運転免許の更新ができないなど)ようになれば手術が必要です。 特別な場合を除いて緊急に手術が必要になることはありませんので、定期的に眼科で検査を受けながら手術の時期は主治医と相談で決めることができます。  

最近の白内障手術は超音波手術装置を用いて小さい切開創から濁った水晶体を取り除き、眼内レンズと呼ばれる人工水晶体を眼内に移植します。通常は局所麻酔(眼だけの麻酔)で行われます。 手術時間は症例の難しさにより異なり、また全身状態によっては入院での手術が安全、ということもあります。また、手術に伴う合併症が生じることもあり、術前にしっかりと手術の説明を受けて納得した上で手術を受けることが大切です。       

当院では現在、日帰り白内障手術を行っています。  

全身的な病気(高血圧症や糖尿病など)が安定していて、術後の通院が可能、家族のサポートがある人は入院せずに手術を行っています。術後の通院は必要ですが、術後もいつもの自分の家で生活ができるので、違った環境で窮屈な思いをする。ということはありません。    

詳しい説明を希望される方はお気軽にスタッフにお尋ねください。

緑内障

緑内障は最近テレビでもよく耳にしますが、眼科の代表的な疾患のひとつです。  

緑内障は眼の奥にある視神経が萎縮してくる病気です。通常はゆっくりと慢性的に進行し、自分でも病気に気が付かないことが多く、別のことで眼科を受診したり、人間ドックで眼底検査や眼圧検査を受けたときに見つかることがよくあります。  

近年、岐阜県の多治見市で大規模な緑内障疫学調査が行われました。その結果、緑内障にかかっている人の割合が多いことが判明しました。実に40歳以上の5.9パーセント、17人に1人が緑内障であり、年齢が高くなるにつれその割合は増加していました(70歳以上に限定すると、緑内障の罹患率は13パーセントをこえています)。緑内障にもいろいろな種類や病態がありますが、一番多いのは『正常眼圧緑内障』です。

『正常眼圧緑内障』とは・・・?

人間の目はある一定の硬さで眼球の形を保っています。  

目の硬さを表すものとして『眼圧』があります。正常値は10~21mmHgですが、日本人の平均値は13~15mmHgといわれています。また、日内変動や季節変動があり、常に一定の値ではありません。緑内障は眼圧が高いことが原因のひとつとして考えられていますが、『正常眼圧緑内障』は眼圧が正常範囲内であるにもかかわらず、視神経や視野に緑内障性変化があるものです。  

一般的には自覚症状に乏しく、ゆっくりと視神経が障害されていきます。

神経が障害されるのに伴い、視野(ものが見える範囲)に異常が出てきます。  

見えにくいと感じるころには病気が進んでしまっていることも少なくなく、また、緑内障による視神経萎縮は治療によっても元の状態に戻すことができないので、早期発見がとても大切です。

緑内障の原因のひとつとして、数年前に緑内障遺伝子が見つかっています。  

すべての緑内障が遺伝するわけではありませんが、家族や親戚の方に緑内障の方がいる人は、念のため眼科で検査を受けられることをお勧めします。  

緑内障の治療は視神経萎縮の進行を停止させることが目標です。一旦萎縮してしまった視神経は元には戻らないので、緑内障を完治させることはできません。  

緑内障を進行させない代表的な治療は、点眼薬によって 『眼圧を下げる』ことです。  

緑内障に対する点眼薬は何種類もあり、その中でその人の病状に合わせて薬を選択し、眼圧を下降させます。全身的、局所的副作用をもつ薬も少なくなく、また薬の効き方も個人個人違うので、きちんと定期的に受診して治療内容を確認しながら眼圧コントロールを行う必要があります。  

当院では院長が岡山大学附属病院勤務中に緑内障専門外来にて診療に携わっていましたので、安心して緑内障の診断、治療を受けることができます。